栗原 弘大

運動指導歴 7年
幼い時から外で体を動かす事が大好きで、学生時代はサッカーに明け暮れていた。
中学生の時に大きな怪我をし、そのリハビリの際に【トレーナー】と出会い、トレーナー(運動指導者)という職業の素晴らしさに感銘を受け、自分もこの仕事に就きたいと思った。

大学在学中はトレーナーとして働く為に必要な授業を専攻しながら、市内の病院に併設されたメディカルフィットネスで運動指導を行っていた。又、小学生から中学生を対象にしたサッカークラブでのコーチも務めていた。

市内の病院に就職後、自身の運動指導の軸を模索中に外部指導員として訪れた弊社代表 苅部美千代と出会い、【身体と心をコントロールする事の大切さ】を知り、ピラティスやヨガを学び始める。

ピラティスとヨガに出会い、自身の身体と心の変化を感じる。身体が整い、しなやかな身体になると、心にも余裕が生まれる事を体感した。

現在は栄養学を学び、【食べる事、食材を選ぶ事の楽しさ】や【栄養指導でのヘルスケア】も広めている。

弊社代表 苅部美千代の言葉【学びは人を豊かにする】を心がけ、【身体と心、栄養】を軸に、『多くの方に幸福感、快適な日常が過ごせるような手助けをする』を目的に、運動指導を行なっている。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP