佐竹 拓也

高校時代に自身の身体に対する無知から腰椎分離辷り症を発症。一時は階段も登れないほど足が痺れてしまい、思うように野球が出来なくなり、そこから身体に関して興味を持つようになる。養成校を卒業後は長野県の総合病院に就職し、脳卒中後遺症や整形外科の術後リハに打ち込む。そこで、「なぜこんなにも病院に人が溢れるのだろう」と思うようになり、障害予防に興味を持つようになる。

外来リハクリニックやデイサービスでのリハビリテーションに携わる傍ら、その当時はまだ珍しい【自費リハ】の世界に飛び込んだ。自身のサービスに見合った対価をいただくというのは保険下リハビリテーション業界では経験することは出来ない。その自費という世界のリアリティに魅了され、業界5年目には自費リハ一本に絞った。

その経験の中で独自の技法である『Empathy therapy』を確立し、施術とともに全国のセラピストに対するセミナーを展開。人の健康に携わる様々な業種の方々へ対する指導実績も多く持つ。クライアントやセミナー受講生からは『神の手』などと称され、独特の感性と信念を元に日々の健康と向き合っている。特に原因不明と呼ばれる症状に対して無類の強さを発揮する。

自分自身が足に悩まされる人生であったため、足に関して本当の知識を得るべくアメリカ足病医に師事し、足に関する知識と経験を蓄えた。ご縁により、セラピストとしては稀有な経験として靴量販店でのphysical adviserを2年務め、年間2000足の臨床経験を積む。そこで得た知識と経験は足でお悩みの方々の力になれると自負している。

この症状が得意だ。特に〇〇に強みを持つ。などで括るのではなく、全ての症状に対して対応できる力を身につける。〇〇専門や特化型のセラピストではなく、ユーティリティープレイヤーの様に常に変化対応できるセラピストでありたいという信念がある。その信念が身を結び、独立してからはセミナー講師と施術会で全国を駆け巡った。佐竹の施術が受けたいと全国からお声がかかる様になった。

私の施術で最も大切にしているのは『問診』だ。今現在お身体に起きている事象の殆どが過去に起因している。天変地異の如く不調が出現することは稀である。

生まれる瞬間から現在までの過去を紐解き、繋げ、未来を拓く。

施術内容


▷私が独自に考案したEmpathy therapy(エンパシーセラピー)という技法を用いて施術を行います。愛称はエンパシーです。この方法の特徴としては、解剖学や運動学をベースにしながらも、身体全体を1つのユニットとして捉えて介入するというところです。巷では身体の特定の部位に対する特化型の施術が多く出回っております。筋膜や関節をメインターゲットとした方法などですね。しかし、ある特定の組織のみに介入することは、そのストライクゾーンに入っている人なら良いですが、外れてしまった場合はどうしようも出来ません。私の施術は身体の全ての組織がアプローチ対象であり、苦手とする箇所やある一箇所だけに拘るということはありません。刻一刻と変化する身体の中で和を乱してしまう組織をEmpathyという共感力で特定し、そのタイミングでベストな介入方法を選択し実施します。

▷オススメの方ですが、私は症状を限定していません。全ての不調に対して対応できる様に研鑚を積んできました。今までの経験上の傾向としては、首から上の症状の方が多い印象があります。頭痛/めまい/耳鳴り/肩こりなどです。あとは全身の痛みや痺れに幅広く施術を行ってきました。クライアントの約9割が女性ということもあり、生理痛やなかなかお子さんが授からないなどの女性特有のお悩みにも向き合ってきました。生理痛などは内臓系の不調になりますが、その他には気管支炎やアレルギー、便秘や下痢などの症状にも対応できます。また、スポーツ選手や小さいお子さんの発達や運動機能の向上に対しても介入実績があります。

経歴・資格

【資格】
・理学療法士
・Laplace&takes 主宰
・BiNI COMPLEX JAPAN 認定セラピスト
・NWPL 足底版セミナー公認アシスタント
・元 株式会社シューマート あしる Physical adviser

【経歴】
・山形医療技術専門学校卒業
・飯山赤十字病院(急性期病棟勤務 脳外科/整形外科チーム)3年間勤務
・Physical wave resonance 4年4ヶ月勤務(リハ科クリニックやデイサービスも経験)
・Laplace&takes 代表兼主宰 2019年9月〜
 現在に到る

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP